伊達や酔狂だが。・・・So What?

酒と美味いもんと旅と欅坂46が生き甲斐で、 家の中とトーキョーノースサイドが主戦場の、酒呑みなのにスイーツも好きな愛妻家w .

祇園ろはん@縄手通りの鯖サンドに悶絶するというお話

ども。
はやみっちゃんです。
京都が大好きな我が家でありますが、いつ頃からでしょう?
京都の良さをわかるようになったのは。
やっぱりある程度年齢を重ねないと京都の良さってわからんですね。


そんな京都旅のメインテーマは毎度食べ歩き。
そして、今回の京都の滑り出しに選んだのは2年前に初訪問して以来の大好きなお店。

祇園ろはん」さん

f:id:hymzrsk:20170827113746j:plain
四条大橋の東側、縄手通りにあるこちらのお店は「和久傳」のご出身。
ボクら的にこちらのお店の魅力・・・というか、スペシャリテがこの画像の「鯖サンド」

ま、それは追ってご紹介するとして。
まずはコンセプトとして祇園ろはんさんは定食屋さんであります。
定食もある京料理のお店・・・って解釈の方がしっくりくるかな。

さて、開店のお時間に予約しておいたので、18時ジャストにお店に。
こんばんは〜〜!



f:id:hymzrsk:20170827113700j:plain
まずは飲み物をチョイスします。



f:id:hymzrsk:20170903092623j:plain
僕は生ビールをいただきました。
かんぱーい!!



f:id:hymzrsk:20170827113820j:plain
今回も一品料理は鯖サンドだけにして他はスルー・・・
いや、一品料理で飲むのもアリなんだけど、梯子酒前提だから必要以上に腹を満たしたくないってね。



f:id:hymzrsk:20170827113617j:plain
焼きなす豆腐の雲丹のせ
定食には季節の料理が2品付くからミニコースっぽくいただける。
ポーションもフレンチでいうところのアミューズな感じ。
そしてこの焼きなす豆腐!
ちゃんと焼きなすなんだよ!!


f:id:hymzrsk:20170827113951j:plain
貝の冷たい炊き合わせ(栄螺、ほっき貝、白バイ貝に栄螺の肝ソース)
コレはすぐに日本酒にチェンジ。
田酒純米酒を。

そして・・・・



出た!絶品鯖サンド!!

f:id:hymzrsk:20170827114034j:plain
みて!鯖サンド!!
炭火でこんがり香ばしくトーストされた食パンにバターを塗り、身の厚い〆鯖を大葉と古漬けの沢庵とともにい挟んで供される。
身を捩るよ。
悶えるよ。
掛け値無しでマジに。



f:id:hymzrsk:20170827114752j:plain
一昨年、僕らはこちらでこの鯖サンドをいただいて以来、どこのお店に行ってもメニューに鯖サンドがあるとほぼ必ずオーダーしたの。
でもね。
でもでも。
コレを超える鯖サンドに出会ったことはただの一度たりともありませんでしたよ。
だからこの鯖サンドをね、何がなんとしてもまた食べたかったってワケ。


f:id:hymzrsk:20170827115100j:plain
定食のラインナップはご覧の通り
前回は牛炭火焼を選んだんだけど、今回は・・・




f:id:hymzrsk:20170827114834j:plain
定食の傍に付いてくるのはこの絶品!自家製ちりめん山椒!!
なんならこれだけでご飯食えちゃうんだけどメインもしっかりある。
見切れてる玉子でお分かりかもしれんけどw


f:id:hymzrsk:20170827114855j:plain
そう。すき焼き!



f:id:hymzrsk:20170827114915j:plain
真夏にすき焼き!!
なんかアナーキーw
和牛のロースと九条ネギ、お麩とシンプルながら割りしたが先に入った関東スタイルのすき焼きでした。


f:id:hymzrsk:20170827114943j:plain
嫁さんは豚生姜焼き定食をチョイス。
おお・・・想像してた生姜焼きとはその風態が違うぞ・・・


f:id:hymzrsk:20170827115002j:plain
素っ気ないビジュアルに見えなくもないが、大阪は枚方の蔵尾ポークの肩ロースを直火で焼いてカット。
そこに生姜焼きのソースを絡ませたようなスタイル。
kuraonobuta.com

これね。
飯に酒に最高でしたね。


f:id:hymzrsk:20170827143541j:plain
すき焼きで飯を2杯食った僕は、最後にもういっぱいご飯をいただき、残った玉子であれをやる。
そう。
玉子かけご飯!!
割り下の残りもちょっとすくって入れ、九条ネギの残骸ものっけちゃう。
ほら、昇天w
日本人なら十中八九好きな飯だよね。

は〜、僕は満足だ・・・・って!
はしご酒を見込んでいたのに、図らずも満腹してしまった。。。
ま、仕方ねえ。
バーでちょっと飲むとしますか・・・ってもまだ8時ちょい過ぎだよw


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日の1曲

The Police - Bring On The Nigt (live in Paris '79)

The Policeであります。
ポリスの2枚目のアルバム「白いレガッタ」はロック史に残る金字塔でありまして。
その中でも僕が好きな曲として挙げたいのはこのBring On The Nightであります。
シンコペーションで表拍と裏拍がどっちかわかんなくなる錯覚手法は彼らのお得意ですな。

この頃のとんがってたスティングはパンクムーブメントの中で「弾けるクセにパンクバンド」っていうレッテルを貼られるのが嫌だたのか、必死でとんがってた印象。
客席に向けて唾吐いたりしてたっけ。
すっかり枯れちゃたかなって思ってたら最近ロックアルバムをリリースしたりして、健在っぷりをアピール。
まだまだ頑張って欲しい!!



それじゃ今回はこのへんで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。