伊達や酔狂だが。・・・So What?

酒と美味いもんと旅と欅坂46が生き甲斐で、 家の中とトーキョーノースサイドが主戦場の、酒呑みなのにスイーツも好きな愛妻家w .

不協和音を僕は過小評価してた【欅坂46】

ども。はやみっちゃんです。

2017年の夏もぼちぼち終わりますか。。。
や、しかし。
この夏、僕の毎日は日々欅坂46とともにあったと言っても過言じゃありませんでしたね。
これまじで。

欅ちゃんたちは7月19日に1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」をリリースすると、7月22日23日に富士急ハイランドコニファーフォレストで初の野外ライブを開催。
その後は8月2日の神戸を皮切りに全国アリーナツアーを敢行。
さらに大規模なロックフェスやアイドルフェスにも参加(RIJFサマーソニックとTIF)し、その途中には握手会や雑誌のイベント等もあり、「これ、メンバーの誰か倒れんぞ?!」っていうほどの超強行スケジュールでありました。
実際のところはよくわからないとはいえ、ツアーが始まるや平手友梨奈の体調不良が伝えられ、アンコールを平手なしでパフォーマンスしたりセットリストの変更があったり。
さらに名古屋公演初日に至っては平手欠席での公演を強行するほどまでに・・・。
なんとも不穏な空気ばかりのツアーになっちゃったのは記憶に新しいところ。


さて。
僕はというと。。。
まず手始めに7月23日日曜日の富士急ハイランドで行われた彼女たちにとって初の野外ライブ「欅共和国2017」その二日目に僕の人生初の欅ちゃん・・・いや、なんなら人生初の「アイドルのライブ」に参戦!!
8月末の全国アリーナツアーの千秋楽@幕張メッセにも参戦!!(これがまさに圧巻!!)
どっちのライブでも一番印象に残ったのは不協和音だったわけ。


思えば今年の春先にこの4thシングルがリリースされた時、僕は正直「イマイチ」って評価だった。
とはいえ、MVが公開されテレビでパフォーマンスするようになって徐々にその評価は上がっていったけど、それでもその評価は二人セゾンやサイレントマジョリティーの比ではなかった。

僕はなんであんなに過小評価してたんだろう?
そう。
今となってはあれが「過小評価」と言い切れるんだよ。

それはね。
それは僕自身が欅共和国と全ツ千秋楽@幕張の現場で不協和音のイントロを聴いた時感じた興奮・・・。
いや、幕張のダブルアンコールの時について言えば、平手友梨奈が「自分の棺」を歌い終えたのち、メンバーがあの不協和音の制服で出てきたのを目の当たりにした瞬間に感じた脳内麻薬が吹き出すような高揚感・・・。
それはもう中途半端なものではなかったの。
「あぁぁぁ・・・不協和音の生パフォーマンスが見られる!」とドーパミンが脳内で盛大に分泌されまくる感じ!
あれはそんじょそこらの昂ぶりではなかったって言えるの。



僕はなんであんなに過小評価してたんだろう?

じゃ、これを機に思い返してみようかね。
あの日のことを。
2017年3月18日。平手友梨奈がメインパーソナリティーを務めるニッポン放送の「こちら有楽町星空放送局(通称「こち星」)」にて銀河系初オンエア。
その時の僕のツイートのログを貼り付けていきましょうか。。。



普段は11時前には寝てしまうのが常なんだけど、この日はこち星まで起きてリアルタイムで聞いたね。
それじゃ、どんな感想を語ってるのか見てみよう。




ここで言う「かたみら」ってのは、2ndシングルのカップリング曲「語るなら未来を...」のこと。
イントロの感じをそんな風に評してたのはあのイントロのシンセリード音からかな?
まあ、多分に見当違いな感想ではあるがw





やっぱり「僕は嫌だ!」のインパクトは凄かったんだよね。
当然っちゃ当然だけど。






その後もエキセントリックの方がいいとか言っちゃって(いや、エキセントリックは全欅坂songの中でも1or2位を争う好きな曲だから)。


それが劇的に変化したのはやっぱり生のパフォーマンスを見てから。
あれはいかん。
あれを見て不協和音を評価しないなんてちょっとおかしい。

まずは「欅共和国」終演後のツイート。

そして「全ツ千秋楽」終演直後のツイート。


不協和音は最初の頃からずっと「イマイチ」のレッテルを貼り続けてきたんだけどね。
まさかこれほどの曲・・・なんならこれほどのキラーチューンになるとは思わなかったよ。
やっぱりライブだね。
ライブでそのパフォーマンスを見て印象はガラリと180度変わったかんね。
握手会もそりゃいいけれども、なにがあろうとやっぱりライブには万難排して挑みたい!
そんな欅坂46と不協和音でした!